•  

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 第6回 Make a CHANGE Day 2014年10月25日(土)開催 参加者募集中!

    ボランティアを励まし支えるリーダーの心構え100の方法


    「励まし」ということは方法論というよりはむしろ「人間としての触れ合い」であると考えることが大切です。それは人間として他人に対して敏感な感受性、思いやりの心を持つことであって、義務感で行うことではないのです。ボランティアに関わるリーダーの心構えを考えてみましょう。

     

     

    1. 「笑顔」で始めよう
    2. 「おはよう!」と声をかけよう
    3. 「こんにちは!」を言おう
    4. 「おやすみなさい!」を言おう
    5. 「会えなくて寂しかった!」と言おう
    6. 「ありがとう!」を言おう
    7. 名前を呼んで挨拶しよう
    8. ジュースでもてなしてみよう
    9. コーヒーコーナーを設けましょう
    10. 早く馴染めるようお茶でも出そう
    11. スタッフのコーヒータイムに招こう
    12. コーヒーとケーキでびっくりさせてみよう
    13. 誕生日カードを送ろう
    14サンキューカードを書いてみよう.
    15クリスマスカードを送ってみよう.
    16年賀状を送ろう.
    1. ボランティア個人の悩みに気付こう
    1. ボランティア個人の悩みに手助けしてあげよう    
    19. 愛想よく、明るく振る舞おう
    20. ボランティア各自の希望を聞こう
    21. ボランティアにいつも気を起こさせよう
    22.ボランティアの性格・能力・興味・関心を把握し、適材適所に心がけよう
    23. ボランティアが自信を持てるように力を貸そう
    24. 十分説明する時間を持とう
    25. はっきり分かるように話そう
    26. 話し合う会を開こう
    27. ボランティアの経験、活動動機、関わり方を尊重しよう
    28. ボランティアの感性、思いを尊重しよう
    29. 活動を通してボランティア個人を成長させよう
    30. 快適な活動環境作りをしよう
    31. ボランティアの可能性を信じよう
    32. 働きやすい仕事場にするために便利な機器備品を整えておこう
    33. 定期的にスーパーバイザーとの話し合いの機会を持とう
    34. うらおもてのない誠実な人でいよう
    35. ボランティアの個性を受け入れよう
    36. ボランティアを評価する機会を持とう
    37. スタッフにいつも笑顔を心がけてもらおう
    38. ひとり一人の向上を促進しよう
    39. 適切な方向付けをしよう
    40. 活動内容を十分に知ろう
    41. ボランティアの意見箱を設置してみよう
    42. 活動にかかった経費は払いましょう
    43. 表彰してあげよう
    44. 記念の行事を毎年開催しよう
    45. スタッフの会議に誘ってみよう
    46. ベビーシッターを用意しよう
    47. 託児所を設けてみよう
    48. 事前研修を十分にしよう
    49. スポンサーグループには感謝状を送ろう
    50. 団体の役員とボランティアが話す機会を持とう
    51. チームの計画作りに参加させよう
    52. マスコミにニュース価値のある情報を送ろう
    53. 皆で持ち寄ってホームパーティを開こう
    54. ボランティアされた側の人たちに評価してもらおう
    55. 他団体が行うボランティア研修会や会議に参加をすすめよう
    56. ボランティア活動のプロセスを大切にしよう
    57. 良い計画を練ろう
    58. ボランティアリーダーに推薦してみよう
    59. バレンタインデーに何か贈ってみよう
    60. 徹底的にボランティア研修をしよう
    61. 全職員が組織にとってボランティアが必要不可欠な存在であることを理解してもらおう
    62. 有力な雇用主にボランティアを推薦しよう
    63. 企画会議への参加を呼びかけよう
    64. 優れた計画やその成果を誉めよう
    65. ボランティア大賞の候補者を選び推薦しよう
    66. 実のある現場研修を提供しよう
    67. ボランティアとスタッフの親睦行事を計画しよう
    68. 街の掲示板の一部を借りて活躍したボランティアを表彰しよう
    69. すぐに役立つファイルを常備しよう
    70. ボランティアされる側の人たちにボランティアのためにサプライズを企画してもらおう
    71. ボランティアの雇用主へ感謝状を送ろう
    72. 会報にボランティア活動特集を載せよう
    73. ボランティアの活動した時間や年数などで名札の色分けをしてみよう
    74. 安全な労働条件を維持しよう
    75. ボランティアには保険をかけておこう
    76. スポンサー団体に感謝し賞賛しよう
    77. 目立った業績に対しては特別表彰をしよう
    78. 所属している団体については十分に理解してもらおう
    79. 自治体や企業と協力してボランティアPR行事を行おう
    80. 役員、スタッフ、ボランティアと一緒にピクニックをしよう
    81. 生徒、学生には出身校へ活動報告書や証明書を送ってあげよう
    82. ボランティアの体験発表の機会を設け、成果を伝えよう
    83. 毎回活動記録を書くようにすすめよう
    84. 記念行事やイベントにはボランティアの家族や友人を招待してあげよう
    85. 常に情報が共有できるように心がけよう
    86. 報告・連絡・相談(ホウレンソウ)できる環境作りを心がけましょう
    87. トラブルは小さい内に解決できるように心がけましょう
    88. ボランティア自身の自主企画を支援しよう
    89. ボランティアはみんな対等な立場であることを理解してもらおう
    90. 老若男女、国籍、宗教を超えて活動できる雰囲気を作っていこう
    91. 地域の課題、ボランティア活動の目的を共有しよう
    92. ボランティアが活動できる場所を用意しておこう
    93. 有給スタッフとボランティアとの役割分担を明確にしておこう
    94. 新聞やメディアに常にボランティア活動情報を提供しよう
    95. 常にボランティアの安心、安全に気を配ろう
    96. 緊急時の対応マニュアルを備えておこう
    97. 連絡網を明確に周知させよう
    98. ボランティアの年間活動時間数をボードに掲載しよう
    99. 定期的にボランティアの悩み事相談コーナーを設けよう
    100.新しい活動にチャレンジすることを応援しよう
    101. 「笑顔」で終わろう